あーるのハンドメイド研究所

型紙不要!本物みたいなフェルトフロランタンの作り方

フェルトフロランタン

こんがりと焼けたアーモンドが香ばしそうで美味しいフロランタン。そんなフロランタンをフェルトで作ってみませんか?まるで本物のようなフロランタンを楽しく簡単に作っちゃいましょう!

はじめに

当サイトの型紙の転載・再配布・販売・複製・商用利用は禁止となっています。また、管理人のデザイン性の高い型紙をそのまま使った作品の販売は禁止しております。

今回ご紹介するのは作り方だけなので、アレンジなど楽しんで頂けると嬉しいです。当サイトの作り方で作った作品の販売時のトラブルについては責任を負いかねます。

必要な道具・材料

それではフェルトでフロランタンを作る際に必要な材料を紹介します。ダイソーでも揃えられる物を紹介します。

フェルトフロランタン,材料

フェルト

フロランタンのクッキー生地部に薄黄色のフェルト、アーモンドは肌色を使います。

私は、ダイソーの大判フェルトでベビーイエローとペールオレンジを使用しました。

アルコールマーカー

アルコールマーカーは山吹色・薄めの茶色・赤茶色を使います。アクリル絵具でもOKです。

私はダイソーで2本入り110円でうられているイラストマーカーのハニーイエロー・キャラメル・レッドブラウンを使用しました。

アルコールマーカーはボカしにくいのですが、今回は乾燥したニスの上に着色するのでティッシュペーパー等でボカすことができます。また、乾くと指でこすっても落ちないので扱いやすい画材です。

メディウムかバーニッシュ

一番お勧めは、リキテックスのヘビージェルメディウムです。これは、粘度が高くフェルトに染み込みにくいので扱いやすいです。また、ツヤも強いです。

メディウムについてはこちらを参考にしてください。

ただ、メディウムを買うとなると画材店やオンラインで買わなければ入手しにくいので、ダイソーのグロスバーニッシュもお勧めしておきます。こちらはニスなのですが、通常のニスよりも粘度が高いです。メディウムでいうとグロスポリマーメディウムよりやや水っぽい感じです。ですが、ツヤ感も十分で、コスパも良いのでお勧めです。

接着剤

フェルト同士を接着するだけなのでお好みの接着剤で大丈夫です。私は発泡スチロール用接着剤を愛用しています。

フェルトフロランタンの作り方

それでは早速作っていきましょう。

フェルトをカットする

フェルトフロランタン,作り方

フェルトを正方形と楕円形にカットします。サイズはお好みで大丈夫です。フロランタンには欠けたアーモンドものっている方が本物そっくりに仕上がります。しかし、後程の工程で欠けたアーモンドができますので、現時点では作らなくて大丈夫です。

私は1.5cm角のフェルトを3枚と楕円形のフェルトを多めに準備しました。これは1/3の縮尺で作っているのでリアルサイズの場合は4~5cm角のフェルトを8枚程度使いましょう。

フェルトを接着する

フェルトフロランタン,作り方

まずクッキー生地を完成させます。フェルトの端まで接着剤を塗り、フェルト同士をしっかりと圧着させてください。端が浮くと仕上がりのキレイさに欠けやすくなりますので、端までしっかりと圧着させます。

次にクッキー生地にアーモンドを接着します。天板いっぱいに作ったフロランタンをカットするイメージで作りますので、端からはみ出すようにアーモンドを配置します。もう少し厚みを出したいところですが、一度着色をしてからもう一段重ねる方がより本物に近づくので現段階では重ねず1枚ずつの接着でOKです。

クッキー生地からはみ出したアーモンドをカットします。この時カットした端材は捨てずに取っておいてください。

メディウムを塗る

フェルトフロランタン,作り方

先ほど接着したアーモンドにメディウムを塗ります。試作段階でダイソーのバーニッシュを使い切ってしまったため今回はグロスポリマーメディウムで作っています。ダイソーのバーニッシュはフェルトに染み込みやすいため、少量を塗って1度乾燥させましょう。バーニッシュは染み込みすぎると乾燥が遅くなります。

この段階でツヤは出なくて大丈夫ですが、着色剤がフェルトに染みないようにフェルトをある程度バーニッシュやメディウムでコーティングしたいので数回塗り重ねておきます。

山吹色で着色する

フェルトフロランタン,作り方

バーニッシュやメディウムが乾燥したらアーモンドを山吹色に着色し、アルコールマーカーを乾燥させましょう。

フェルトフロランタン,作り方

フロランタンの底面も着色します。横から見た部分も着色するとより本物に近づきます。

赤茶色で着色する

フェルトフロランタン,作り方

アーモンドの端を赤茶色で着色します。アーモンドの一部が焦げているようなイメージです。着色したら乾燥させます。

新たにアーモンドを接着してメディウムを塗る

フェルトフロランタン,作り方

フロランタンに焼きムラを付けたいので、新たにアーモンドを接着します。この時に先ほどアーモンドを接着後カットした端材も一緒に接着します。

接着したら、メディウムやバーニッシュで新たに接着したアーモンドをコーティングし、乾燥させます。この時、バーニッシュやメディウムが下のアーモンドに着いても大丈夫ですが、隙間を固めてしまわないように薄く薄く塗っていください。隙間がメディウムで埋まってしまうと本物らしさに欠けてしまいます。

山吹色・キャラメル色で着色する

フェルトフロランタン,作り方

焼きムラをさらに表現したいので、山吹色とキャラメル色で着色していきます。写真を参考に、上に重ねたアーモンドには山吹色。下に見えるアーモンドにはキャラメル色を使います。焦げ感が足りないと感じたら赤茶色も入れてください。

メディウム・バーニッシュで艶出し

フェルトフロランタン,作り方

上手く着色が出来たら、メディウムやバーニッシュでツヤツヤに仕上げます。盛って塗ると隙間が埋まってしまうので、少しずつ塗り重ねましょう。

フェルトフロランタン,作り方

いかがでしたでしょうか?本物のようなフロランタンをフェルトで作って飾るとお茶会気分になれます。メディウムを使う事でフェルト手芸の表現もますます広がって楽しいこと違いありません。フロランタンだけでなくツヤツヤなお菓子を沢山作ってみませんか?

SNSでシェアする

この記事を気に入っていただけたら是非記事のシェアをお願いします!

Twitter LINE
リクエストする

質問や型紙・レビューのリクエストを募集しています!匿名で質問をお受けしております。

マシュマロ
あーるのSNSをチェックする

下記SNSにて新着記事やハンドメイド完成品の写真を投稿しています。是非チェックしてみてください。フォローも大歓迎です。

Twitter Instagram